19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

私がブログを書く3つの理由

time 2016/04/06

私がブログを書く3つの理由

ドイツに戻って4日が経つのに、時差ボケで早朝に目が覚めてしまうはるぼぼ(@harubobo_nikki)です。
今日は、私がブログを書く理由をお話したいと思います。

 

ブログを始めたきっかけ

私がこのブログの前身となる最初のブログを開設したのは2015年5月のこと。
その時すでにドイツ移住と、日本~ドイツ間の旅をすることが決まっていました。
日本での仕事を辞めてのドイツ移住なので、新しい仕事を見つける必要がありました。

純粋に「やりたいこと」を考えたとき、「旅や国際恋愛の経験を本にしたい」という思いが出てきました。

とはいえ、出版業界のことなんてほとんど知らない私でも、無名の素人が本を出すことが容易でないことぐらいわかります。
そこで、「ブログを書いて実績をつくればそれが足がかりになるかも」と考えてブログを始めることにしたのです。

ところが、日本~ドイツ横断の旅をしている最中はブログなんてとても面倒くさくて書く気になれず、ほとんど放置状態。
まともにブログを書くようになったのは、ドイツにたどり着いた2015年11月半ばのことです。

当初は「ドイツ生活も始まったし、日記でも書こうかな。そうだ、どうせ書くならブログにアップしよう」という感覚で、ブロガーとして本格的に活動することまでは考えていませんで した。

 

ブログは「ホーム」

現在ブログを始めて5か月足らず。
最初のブログは無料ブログのFC2で運営していましたが、途中でWordpressにお引越ししたので、今読んでいただいているブログ自体は開設から2か月あまりです。

現在の私はブログを始めた当初とは全く違う気持ちでいます。
ドイツに来てから、いくつかのウェブサイトにおもに旅をテーマにした記事を寄稿するようになりました。
(関連:海外在住、長期旅行者でもできる!ライター経験なしの私がwebライターになるまで」)

それらのwebサイトでは、私という人間はそれぞれバラバラに存在しています。
でも、私が寄稿しているwebサイトの記事を記事を読んで私に興味をもってくださった方は、このブログを訪問してくれます。
このブログをホームとして、web上の「はるぼぼ」という人間がつながるのです。

ブログを読んでお仕事の依頼をいただいたこともあるし、「ホーム」としてのブログを持つことに計り知れない可能性を感じています。
今も「本を出したい」という気持ちはありますが、いまでは「ブログ」そのものに大きな価値を見出しています。

 

楽しい!

colored-pencils

ブログを始めて「自分は本当に書くことが好きなんだ」と実感するようになりました。
やはり「楽しい」という気持ちがないと、毎日ブログを書くなんてできません。
自分の経験や考えを発信して、それをたくさんの人に読んでもらえることは、私にとって大きな喜びです。

外部サイトに寄稿する場合はそのメディアの方向性を意識する必要がありますが、自分のブログなら何でも好きなことが書けるし、デザインも自由です。
(もちろん、公序良俗に反することなど、人として書いてはいけないことはありますが…)

読者の方からの、「共感した」とか「勇気をもらった」などのコメントやメッセージも、大きなモチベーションになっています。

 

役立つ情報や価値あるメッセージを発信したい

これは最近になって特に強くなってきた想いです。
私が発信していることが、「役に立つ」のか、「価値がある」のか、それは読んでくださった方が判断することで、私が決めることではありません。

でも、書くからには「読んでよかった」と思ってもらえるものを書きたいと思っています。
インターネット上にたくさんの情報が氾濫している中、貴重な時間を使ってわざわざ私のブログを見に来てくれる方がいるのです。

それは本当にありがたいこと!
読んでくれる方がいないとこのブログは成立しません。
だから、顔は見えなくても、読んでくれる方一人ひとりに向けて書いています。

いつも読んでくれているみなさま、本当にありがとうございます!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。