19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

ドイツに住んで実感!ヨーロッパ旅行は夏が断然おすすめな3つの理由

time 2016/05/06

ドイツに住んで実感!ヨーロッパ旅行は夏が断然おすすめな3つの理由

6月下旬にポーランドに行くことにしたはるぼぼ(@harubobo_nikki)です。
ちょうどよい季節なので楽しみです。

ドイツで一冬を越してつくづく感じたことがあります。
それはヨーロッパを旅行するなら断然夏がいいということ。

「ドイツのクリスマスマーケットに行ってみたい」と言う人もいますが、さすがのクリスマスマーケットも冬のデメリットを埋めるほどの神通力はないと感じています。
よほどクリスマスマーケットにこだわりがあるとか、冬しか旅行の時間が取れないといった方以外は夏の旅行を強くおすすめします。

本日はヨーロッパを旅するなら夏がおすすめな3つの理由をお伝えしたいと思います。

気候がいい

DSCF8987

ドイツ・ミュンヘン

ヨーロッパの冬の寒さは厳しいですし、どんよりした天気の悪い日が多いです。
私が住んでいるドイツ南西部はドイツで一番温かい&晴れの日が多いそうなのですが、それでも真冬は連続して外にいるのは一時間が限界でした。
ドイツ北部や東欧、北欧なんかになるとその寒さはいちだんと厳しいはず。

外にいると体が凍えてくるのでちょこちょこカフェで休んだり、お店に入ったりしなければなりません。
そんな状態だと観光も不完全燃焼になってしまう可能性が高いし、何より体にこたえます。

ヨーロッパのホテルはそこそこのランクでもバスタブがないのが普通なので冷えた体をお風呂で温めるのもなかなか難しく、ツライものがあります。

それにひきかえ、夏のヨーロッパは天気のいい日が多いし、日本のように湿度が高くないのでとてもさわやかです。
5年ほど前、7月下旬に一人でドイツを旅したとき、南部のミュンヘンのあたりは結構日差しが強かったですが、からっとしているのでほとんど汗をかかずに過ごせました。

防寒対策の必要がない夏は荷物も少なくて済むので身軽に旅ができるというメリットも大きいです。

 

日照時間が長い

RIMG1237

イタリア・ヴェネツィア

冬のヨーロッパは日本と比べるとずいぶん日照時間が短いです。
私が住んでいる地域だと、朝8時ごろにやっと日が昇って、夕方4時か4時半ぐらいには日が沈んでしまう感じでしょうか。
地域によってはもっと短くなると思います。

日照時間が短いと気分も暗くなるし、観光面で物理的な制約を受けてしまいます。
冬の間は観光スポットも早く閉まるところが多いですし、暗くなると街もよく見えません。
せっかくの旅行なのに日照時間のせいで一日を有効に使えないのはもったいないですよね。

さらには安全面にもかかわってきます。
暗くなると危険度が増すというのは世界共通の現象。
私は特に一人旅のときは暗くなってからは極力出歩かないようにしていますが、そうすると日照時間の短い冬の間は活動できる時間帯が限られてしまいます。

ひるがえって夏は、夜10時や11時でもまだ明るいことも。
今(5月初旬)でも夜9時くらいまで日があるので、一日がとっても長いです。
日照時間が長い夏は安心して一日中活動できるのでいいですよ。

デメリットは夜景がほとんど見られないことぐらいでしょうか。

 

景色がいい

ドイツ・ヴュルツブルク

ドイツ・ヴュルツブルク

冬の間、街じゅうの木の多くがハゲになります。
これは日本でも同じはずなのですが、ドイツに来てから「冬はハゲの木だらけで景色がよくないなぁ」と強く感じます。
日本ではあまり気にならなかったのですが不思議です。

ハゲの木よりも緑の木や花の咲いている木のほうがはるかに絵になりますし、冬のどんよりとした空よりも夏の青空のほうがやっぱり美しいです。
写真に撮ってもその差は歴然とするはずです。

 

ヨーロッパ旅行におすすめの月

ドイツ・ローデンブルク

ドイツ・ローデンブルク

これまで「夏」と言ってきましたが具体的に何月のことなのか?
季節としての「夏」の定義とは違いますが、5月下旬から9月までがおすすめです。

日本だと4月は春本番、5月は初夏といった雰囲気がありますが、ヨーロッパでは5月上旬はまだ冬のような気候の日もあります。
確実にあたたかかくなるのは5月下旬からと考えたほうが安全です。

7、8月はやはり観光のハイシーズンなので、可能であれば5月下旬か6月、あるいはやや日が短くなりますが9月をおすすめします。
特に6月の日本が梅雨の時期にさわやかなヨーロッパを旅行するのは最高ですよ。

なお、一口に「ヨーロッパ」といってもスペインやポルトガルなどの南欧は温暖なので冬でも比較的旅行がしやすいはずです。

冬は冬でクリスマスのデコレーションやクリスマスマーケットなど、夏にはない楽しみや一味違った雰囲気がありますし、航空券やホテルが安いというメリットもあります。
とはいえ、「快適に旅行したい」「たくさん観光したい」という方には夏が断然おすすめ!

日本よりも過ごしやすいヨーロッパの夏を楽しんでみては。

Twitter  facebook  Instagram

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。