19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

国際恋愛・国際結婚で絶対に避けて通れない!「どこで暮らすか」問題

time 2016/10/10

国際恋愛・国際結婚で絶対に避けて通れない!「どこで暮らすか」問題

こんにちは、はるぼぼ(@harubobo_nikki)です。ポルトガル・スペインの旅も終盤に入りました。

今日は国際恋愛・国際結婚カップルが絶対に避けて通れない問題についてお話します。それが、「どこで暮らすか」ということ。私自身、国際恋愛・国際結婚をしている友人と話すと必ず話題にのぼります。

国際恋愛・国際結婚はどちらかが祖国を離れる必要がある

aircraft

国際恋愛・国際結婚カップルが一緒にいるためには、どちらかが祖国を離れて相手の国で暮らす、あるいは二人とも祖国を離れて第三国で暮らすことになります。理論的には遠距離でも恋愛、結婚は成立しますが、ほとんどの人はいつまでも遠距離を続けることを望みはしないでしょう。

日本人同士のカップルと大きく違うのが、関係を長期的に維持していくためには、どちらか、あるいは二人ともが大きく生活環境を変える必要が出てくるという点です。

国際恋愛・国際結婚には相手の国で暮らす覚悟が必要

img_2714

そこで焦点になるのは、お互いに「相手の国で暮らしてもいい」という気持ちがあるかどうかです。

たとえば、国際恋愛・国際結婚カップルのどちらか一方は相手の国で暮らしてもいいと思っているけれど、もう一方は「そんなの嫌だ。自分は祖国を離れたくない。」あるいは「○○の国では暮らしたくない」と思っている場合。こんなカップルは、長期的なパートナーシップを築いていくうえで支障が出てくる可能性が高くなります。

どちらか一方が相手の国に移住することに対し前向きな気持ちがあって、それが実現すれば何の問題もなくやっていける可能性も大いにありますが、一生添い遂げるとなると、予想外の事態も起こりうるからです。

たとえば、すでに日本で仕事を得て、日本で暮らしている外国人と付き合うことになり、そのまま二人で日本で暮らしていくつもりでも、親族の病気等、どんな事情で外国人パートナーが祖国に帰らざるを得なくなるかわかりません

また、「大丈夫だと思っていたけど、いざパートナーの国で生活してみたら、無理だった」ということもあります。そんな場合、もう一方が相手の国での生活を考えられるか?それができないと二人の関係維持自体が難しくなりますよね。

国際恋愛・国際結婚においては、お互いが将来的に相手の国(あるいは第三国)で暮らすことになる可能性を覚悟しておいたほうがいいといえます。

国際恋愛をしたら早めに「どこで暮らすか」考えを共有しておく

heart-two

これを読んでくださっている方の中には、今国際恋愛や結婚をしている、あるいは気になる人が外国人、外国人との恋愛が始まりそうという方もいると思います。

特に国際恋愛を始めたばかりの方は、自分がパートナーの国で暮らせそうかどうか、考えてみてほしいと思います。そして、できるだけ早い段階で、外国人パートナーと「どこで暮らすか」問題について、考えを共有しておくことをおすすめします

「どこで暮らすか」という問題について、早い段階でお互いの希望やビジョンをすり合わせておかないと、愛し合っていても別れを選ぶことになりかねないからです。私自身国際恋愛をしている一人として、他のカップルにも幸せでいてほしいと思います。

私たちの場合 ― 短期ビジョンと長期ビジョン

49ccb0e00f1a16d9f70a9cd4385314c6_s

ここで参考までに、私たちの場合をお話しておきます。私たちはダーリンが日本でのワーホリ中、日本で出会いました。当時ダーリンは大学進学を控えており、「現段階ではドイツの大学に通うのがベスト」と二人で判断しました。

そこで、私が2015年11月にドイツに移住することとなったわけですが、これはあくまでも短期ビジョンです。

もともとダーリンも「将来は日本で暮らしたい」という意思があったので、ドイツでの大学卒業後、あるいは大学院卒業後には二人で日本での生活を始めるというのが長期的なビジョンです。

もちろん、物事がすべて希望や計画通りに行くとは限らないので、ダーリンと人生を共にすると決めた時点でドイツに永住する覚悟もしています。

人生における大きな転換を迫られることが多い国際カップルの場合、短期的視点と長期的視点両面からライフプランを考えておくことが特に重要だと思います。

短期ビジョンは、現状あるいは当面のあいだの最善策。そして、長期ビジョンはいわば二人の人生における目標。長期ビジョンを設定しておくことで、二人で力を合わせて目標実現に必要なステップをクリアしていけるのです。

おわりに

二人の人生に急激な変化をもたらす国際恋愛と国際結婚。だからこそブレないビジョンを持ちつつ、状況に合わせて対応していく柔軟性も重要です。

国際カップルのみなさん、一緒に国際恋愛・国際結婚ならではのダイナミズムを楽しみましょう!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。