もう決めた?「2018年にやりたい10のこと」で毎日にハリを

こんにちは、はるぼぼ(@harubobo_nikki)です。

もう1月もなかばですが、ここで年始に考えた「2018年にやりたい10のこと」を発表したいと思います。「今年の目標」のようなものを決めたのは、いったい何年ぶりでしょう・・・

あえてこの場で公開するのは、たくさんの人に見てもらったほうが、自分にとっていいプレッシャーになるうえ、言葉のエネルギーが増して実現しやすくなるような気がするからです。

加えて、「私も今年やりたいことを考えてみようかな」と、一人でも多くの方に思ってもらえたら嬉しいなぁという意図もあったり。

「一年のうちにしたいこと」を考える意味

以前、「人生でやりたいこと100のリスト」をご紹介しました。前回このリストを作ってからもうすぐ一年。なかにはすでに叶っているものもあり、そろそろリスト更新の時期です。

今回ご紹介する「2018年にやりたいこと」のうち、そのまま「人生でやりたいこと100のリスト」に加わるものもあれば、そうでないものもあります

たとえば、「人生でやりたいこと100のリスト」には、「余計なものがない、好きなものだけに囲まれて暮らす」という項目がありますが、これをたった一年で実現するのは(今の私には)無理があります。

好きなものだけに囲まれた暮らしを実現するには、いらないものを捨てて、心から好きだと思えるものに買い替えていく必要がありますが、それにはお金も時間もかかります。

そこで、「2018年にはまず服やバッグなどのファッションアイテムだけでも本当に好きなものを揃えよう」と、まずはできるところから進めていこうと思っています。

「2018年にやりたいこと」は、一年という単位で成し遂げたい短期的な目標や計画であると同時に、「人生でやりたいこと」を実現するためのステップでもあるのです

後悔のない人生を送るには、「どんな人生にしたいのか」「どんなふうに生きたいのか」を時々立ち止まって考え、大小さまざまな夢を描き、それらをひとつひとつ叶えていくことが有効なのではないでしょうか

1.毎日日記をつける

日記をつけようと思ったのは、せっかく考えたこと、感じたことがあっても、それを書き留めておかないとすぐ忘れてしまうからです。

ライターという仕事をしている私は、アウトプットの機会は多いものの、それに追われすぎて自分と向き合う時間が少なすぎると感じていました。

日記は、考えたこと・感じたことを記録するための手段であり、自分と向き合うためのツールでもあります。年始に新しい手帳が届いてから日記をつけ始めてからというもの、最初は「気づけば連続2日間抜けていた」なんてこともありましたが、徐々に習慣化できているように感じます。

2.時間にメリハリをつけて上手に使う

私はフリーランスなので旅行中以外は、家で仕事をしています。経験者ならわかると思いますが、自宅で効率よく仕事をするって本当に難しい・・・!しかもパソコンを使っての仕事なので、つい仕事中に色々な用事を思い出してネットサーフィンを始めてしまったりします。

いくら仕事とプライベートの境界がはっきりしない働き方をしているとはいえ、もっと「働くときは働く、休むときは休む」とメリハリをつけて、上手な時間の使い方ができるようになりたいと思っています。

3.仕事の単価を上げる

今年は私たちにとって節目の年になることもあって、私の仕事においても次の段階に進む時期が来ているように思います。

まったくの未経験・コネなしでライターを始めて、ライター業だけで食べていけるようになっただけでも感謝すべきこととは思いますが、私は「好きなことができるなら収入は低くてもいいや」とは思いません。理想の生活に近づくためにも、仕事の単価は上げていきたいと思います。


4.仕事の幅を広げる

現在は収入のほとんどをトラベルライターとしての原稿料でまかなっている状態ですが、旅行記事だけでなく恋愛・結婚などのコラムを書きたいという気持ちもありますし、ライター業だけでなく編集も手がけてみたいという思いがあります。

「自ら世界各地を旅行して記事を書く」という現在のワークスタイルは、妊娠した瞬間に持続不可能になるので、今年からはより中長期的な視点で見たキャリアを築いていく計画です。

5.ワードローブをお気に入りのアイテムで揃える

「服はいっぱいあるのに、着たい服がない」なんてこと、ありませんか?心ときめかないものや、今の自分のイメージやなりたいイメージに合わないものは思い切って処分し、本当に好きなものだけを揃えようと思っています。

6.新婚旅行に行く

ダーリンと私は何度も旅行に出かけていますが、「新婚旅行」と位置付けるような旅行はしたことがありません。

「新婚旅行」でなくても、名目は実はなんでもいいのですが、たまには2人で5つ星ホテルに泊まってゴージャスなひとときを過ごすような旅行をしたいという気持ちが高まってきました。スケジュール次第で実現は2019年になるかもしれませんが・・・

7.家でもかわいい服で過ごす

私は在宅ワークをしているうえ、ドイツの田舎に住んでいるので、旅行中以外はたいてい家にいます。「おしゃれカフェでノマドワーク♪」なんていう感じではありません。

家にいることが多いと顕著なのが、おしゃれをする機会が少ないこと。すっぴんでいると気分が上がらないので、家でも最低限のメイクはしていますが、今年は家でももうちょっとかわいい服で過ごすようにしたいです。

8.エクササイズをはじめる

家にいることが多い私は運動不足になりがちです。

本当はフィットネスクラブに通ってズンバをしたいのですが、「旅行でまるまる2週間いない」なんてことがよくあるので、まずはストレッチやヨガなど自宅でできることから始めようと思います。

9.行きたいところにできるだけたくさん行く

2018年の旅先の候補は、アイルランド、キプロス・マルタ、イスラエル・ヨルダン、ジョージア(グルジア)・アルメニア・アゼルバイジャン、イラン、ドイツ国内(エリカ街道、フランクフルトやマインツ周辺の小さな町)などなど。

まだ本格的に検討する前の段階なので、治安情勢等を見極めたうえ、ほかの目標に支障をきたさない範囲でできるだけたくさんの場所に出かけたいと思っています。ちなみに、2月下旬にはタイ(おもにバンコク)に行く予定です。

10.ダーリンの大学院進学を叶える

これには私のサポートが必要になってくるので、二人三脚で頑張ります。

自分のキャリアの再構築も必要だけれど、自分のことだけを考えてもいられない・・・今年は高度なかじ取りを迫られる一年になりそうですが、私たちにとっていい意味での転換の年、飛躍の年にできるようにします。

おわりに

「私も2018年にやりたいことを考えてみようかな」と思われた方、人に見せられるような立派な内容でなくて構いません。ささいな夢や目標でもいいので、まずは自分自身に向かって今年の抱負を宣言してみてはいかがでしょう。

夢なんて描いたもん勝ち!