19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

ドイツの日本人街、デュッセルドルフで過ごした奇妙な一日の話

time 2016/09/09

ドイツの日本人街、デュッセルドルフで過ごした奇妙な一日の話

こんにちは、はるぼぼ(@harubobo_nikki)です。

先日、ダーリンと二人で日本人街があることで有名なデュッセルドルフに行ってきました。今回初めてデュッセルドルフに行った私たちが、どんな風に過ごしたのか、レポートしたいと思います。

ヨーロッパ屈指の日本人街、デュッセルドルフ

img_3897

日本ではあまり知名度は高くありませんが、ドイツ在住日本人なら恐らく知らない人はいないであろうデュッセルドルフ。多数の日本企業のヨーロッパ拠点があり、ヨーロッパでも屈指の日本人街があることで知られています。

日系のお店が集中しているのが「インマーマン通り」。インマーマン通りとその周辺には、日系の居酒屋、ラーメン屋、おにぎり屋、パン屋、本屋、クリーニング屋、旅行会社、スーパー、美容院などが軒を連ねます。

ドイツ国内はもちろん、ベルギーやスイスなどの近隣国からも、「日本」を求めて在住日本人がやってくるそうです。

人気のラーメン店「匠」で日本と変わらない麺を堪能

img_3913

車で4時間半かけて、デュッセルドルフに到着したのがお昼前。デュッセルドルフに行ったらまず行こうと思っていたのが、ラーメン「」でした。

ドイツにいながらにして、日本のおいしいラーメンが食べられると評判の人気店です。平日のランチタイムだったので、冷たいお茶が無料、お会計はドイツで当たり前のテーブルチェックではなく、レジ会計と、日本文化をそのまま持ち込んだようなスタイル。

スタッフもみんな日本人なので、ドイツにいることを忘れてしまいそうです。

肝心のラーメンはというと、特に麺のコシに感動しました。私が住んでいる地域でこんな麺を食べられる場所はまずないでしょう。むしろ、日本でもこれほどのコシのある麺はなかなかないのではないかと思います。もちろん、ダーリンも大満足でした。

日系パン屋さん「ベーカリータカ」で買い食い

img_3915

ダーリンが「メロンパンが食べたい」というので、日系のパン屋さん「ベーカリータカ」をのぞいてみることに。

メロンパン以外にもクリームパンやチョココロネ、焼きそばパンなど、海外在住者にとっては懐かしの日本のパンの数々…

さらに、おいしそうなチーズスフレを見つけてしまい、これは買うしかありません!ドイツにはフワフワしたチーズケーキってないんですよね。店内のイートインコーナーでおいしくいただきました。

タピオカミルクティーを衝動買い

img_3925

もともと日本のものというわけではないけれど、日本では当たり前に飲めるタピオカドリンク。でも、ドイツではあまり見かけません。

「sphere bay」というお店を見つけ、無性に飲みたくなってしまい、オーソドックスなタピオカミルクティーを注文。パッケージにはキャラクター。店内にもあちこちにフィギュアやポスターが飾られていて、オタク受けしそうな不思議な空間でした。

デュッセルドルフ旧市街を散策

img_3974

デュッセルドルフはルール工業地帯の交通拠点だったため、第二次世界大戦で街の半分以上の建物が破壊されました。そのため古い街並みはあまり残っておらず、あまり観光するところはないのですが、小さいながらも「旧市街」と呼ばれるエリアがあります。

デュッセルドルフの旧市街は「世界一長いバーカウンター」の異名をもつほど、バーやビアホールなどがひしめきあっていて、その様子を見ているだけでもなかなか楽しいです。

旧市街に限ったことではありませんが、デュッセルドルフはとても国際色豊かで、あらゆる国のレストランが立ち並んでいます。私が今まで行ったなかでは、ドイツ最高のグルメ都市なのではないかと。

今回は日本食目当てに行きましたが、台湾料理やタイ料理、インド料理などアジア料理のレストランもたくさんあって心惹かれてしまいました…

スーパー「松竹」で日本の食料品を買い込む

img_3933

日本食材を中心に扱うスーパー「松竹」でお買い物。しょうゆやみりん、味噌などは複数のメーカーの商品があるし、豆腐や魚貝類などの冷蔵品もあって、基本的なものはほとんど揃います。デュッセルドルフ在住日本人が羨ましくなりました。

私たちが日本食品を手に入れようと思うと、基本的に15km離れたフライブルクのアジアショップまで行かなければなりません。しかもそのアジアショップも中国人経営の小さなお店なので、日本食品のバリエーションはものすごく限られています。

一度デュッセルドルフに行ってしまうと、今の生活の不便さを実感しますね…今後は松竹のオンライン通販をもっと活用したいと思います。

和食レストラン「なごみ」でディナー

img_4003

夕食はこぎれいな和食屋さん、「なごみ」へ。ここでブログを読んでコンタクトをとってくれたAちゃん(本名とまったく関係ありません)に会いました

相手のことをほとんど知らない状態で人に会うというのは私も初めてだったのですが、こういう出会いも楽しいものですね。ドイツではまだ知り合いが少ないですが、ドイツに住むことになったからこそのご縁もあるのも確かで、そういうご縁は大切にしていきたいです。

店内はほとんどが日本人のお客さんで、19時半ごろには満席になるほどの盛況ぶりでした。このお店を選んだのは、メニューが豊富でくつろげそうな雰囲気なのに、値段が手ごろだから。

実際にお店に行ってみて、「ドイツで、こんなにちゃんとした日本食がこの値段で食べられるなんて!」と感激しました。さすがデュッセルドルフですね。私たちが住んでいる地域ではありえないことです。

味も、日本とまったく変わらないおいしい日本食で、とっても満足でした。

日系美容室でカット&トリートメント

mirage

Photo by Mirage

翌朝、日系の美容室「Mirage」でカットとトリートメントをしてもらいました。ドイツで美容室に行くのが恐ろしくて、実は一度も行ったことがなかったのです。前回美容室に行ったのは一時帰国したときだったので、約半年ぶり。

美容師さんとの会話もいい気分転換になりましたし、トリートメントで驚くほど髪の毛がサラツヤになりました!やっぱり人の手を借りてお手入れするって大事ですね。

普段のドイツ生活とは異世界のデュッセルドルフ

img_3898

私たちがデュッセルドルフで過ごしたのはちょうどまる一日。少し街歩きした以外は、ほとんどインマーマン通り周辺で過ごしていました。

日本人をたくさん見かけるし、すべてが日本語で済んでしまうので、ドイツにいることを忘れそうになります。昼時になると日本人ビジネスマンがラーメン屋や定食屋へと繰り出す…日本と変わらない光景です。

私たちが住んでいるドイツ南西部は、日本人はおろかアジア人自体が少ないので、同じドイツでもまったくの異世界でした。

日本食を食べ、日本食材を買い、美容院に行き…と、普段できないことをまとめてやったゴージャスな滞在となりました。日本では当たり前のことが、いかにありがたいことか、海外に住むとよくわかりますね。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。