19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

車で南仏へGO、宿泊先は5つ星のキャンプ場!「ドイツ的休暇」を過ごしてみた

time 2016/10/24

車で南仏へGO、宿泊先は5つ星のキャンプ場!「ドイツ的休暇」を過ごしてみた

こんにちは、はるぼぼ(@harubobo_nikki)です。

気づけば1ヵ月も前の話になってしまいましたが、9月半ばにダーリンとコート・ダジュールで「ドイツ的休暇」を過ごしたときのお話をしたいと思います。

ドイツ人が行く典型的な休暇先

calo-des-moro

ドイツ人は世界的に見てもかなり海外旅行好きな部類に入るので、ドイツ人の旅先は当然多種多様です。それが前提ではありますが、ヨーロッパに限っていうと、ドイツ人が好む旅先にはある程度パターンがあります。

その共通点が、温暖で天気がいいこと。南フランスやスペインはヨーロッパにおけるドイツ人の典型的な休暇先。日本ではあまり知られていないスペイン領のマヨルカ島もドイツからの旅行者が多いことで有名です。ちょうど今ダーリンのご両親がマヨルカ島で休暇中です。

車で南仏コート・ダジュールへGO!

img_5088

日本では長距離移動となると自家用車よりも公共交通機関を使う人が多いですが、ドイツ人は平気でマイカーで遠出をする人が多いです。南フランスのコート・ダジュールへ出かけた私たちも、自宅からダーリンの車でコート・ダジュールまで行きました

休憩も含め、所要10時間…ただ行くだけなら飛行機を使ったほうが早いのですが、コート・ダジュールの小さな街や村のなかには公共交通機関では不便な場所や、そもそも公共交通機関がない場所もあるので、現地で動くことを考えるとやっぱり車が便利なのです。

ちなみに、車でコート・ダジュールに行って、1~2週間滞在するというパターンは、ダーリンの家族にとっては定番の休暇の過ごし方です。

5つ星のキャンプ場に宿泊

img_4416

今回滞在したのは、5つ星のキャンプ場「ESTEREL CARAVANING」。もう休暇シーズンも終わりだったので、7泊滞在してなんと2人で220ユーロほどでした。

キャンプ場とはいっても、プライベートコテージのようになっていて、キッチンもシャワーもあるので快適に過ごせます。(建物のつくりは安っぽいですが)

今回とてもよかったと思うのが、部屋のキッチンで自炊ができたこと。コート・ダジュールは観光地価格で外食費が高いうえ、私は洋食ばかり食べていると体調を崩してしまうことが多いので、夜は毎食アジア料理を自炊して食べていました。

車で行ったので、米や調味料、炊飯器も持参です。ちなみに、今年の5月ダーリンのご両親もここに滞在したのですが、外食は一度もしなかったそう。

海岸沿いで絶景ハイキングを楽しむ

img_4447

私は街歩きが好きなので、キャンプ場から車で街や村へも出かけました。それとは別に、ダーリンたっての希望がハイキング。ドイツ人は自然に触れることが好きなアウトドア派が多いですが、ダーリンの家族もそうで、アクティビティなしの休暇はありえないのです。

普段は「ぇーハイキング?」と思ってしまうのですが、ダーリンと趣味が合わなさ過ぎて困っている現状、歩み寄りが必要だという気持ちと、「コート・ダジュールでのハイキングなら景色が楽しめるかも」という考えもあり、ハイキングに出かけることに。

コート・ダジュールの海岸沿いでのハイキングは、赤い岩山と碧い海、まぶしいほどの緑とのコントラストが素晴らしく、予想以上に素敵な経験になりました。

おわりに

ずっと同じ場所に滞在して自炊をするという旅行スタイルは、私にとって初めての経験。宿を転々として色んな場所を見るもの楽しいですが、今回のように暮らすような旅も心が落ち着いていいものだと思いました。

色んな旅行スタイルを試してみると、経験の幅も広がるし、どんな旅行スタイルが自分に合っているのかがわかっていいのではないでしょうか。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。