19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

同じ場所で2週間のんびり!?ドイツ人の休暇スタイルは日本とこんなに違う

time 2016/10/26

同じ場所で2週間のんびり!?ドイツ人の休暇スタイルは日本とこんなに違う

こんにちは、はるぼぼ(@harubobo_nikki)です。

前回の記事で、コートダジュールで過ごした「ドイツ的休暇」をご紹介しました。改めて「日本人とドイツ人の休暇スタイルって違うなぁ」と思ったので、今回は、日本人とドイツ人の休暇スタイルの違いについてお話したいと思います。

たくさんお金を遣ってたくさん観光する日本人

rothenburg

休暇を海外で過ごすとなると、日本人の場合、限られた期間でできるだけたくさんのところを周りたいと思う人が多いです。休暇のあいだ、1週間も2週間もずっと同じところに滞在するという人はそう多くはないでしょう。(そもそも2週間も休暇を取れる人がめったにいませんが)

実際、海外で出会う人には、「日本人ってなんであんなに忙しく旅行するの?」とか、「日本人は休暇中も休まないんだね」などと言われることがあります。

「1週間でパリとロンドンとローマを周るなんてありえないよ」なんてことも言われたりするので、日本人の気持ちもわかる私としては、「日本人は長い休暇を取るのが難しいから、限られた休みの中で色んな場所に行きたいと思うんだよ」と弁護(?)することも。

また、組織で働く日本人にとって、長い連休を取ることは容易ではないので、「お金を遣ってでもその旅行を最大限楽しみたい」と考える人も多いはず。今でこそバックパッカースタイルで旅をしている私ですが、以前は4つ星や5つ星のホテルに泊まるなど、日本で会社員をしていたころは、普段しない贅沢を楽しむ旅もしていました。

日本人の場合、以前の私のように、休暇中は「せっかくの旅行だし」と、普段より財布のひもが緩くなる人が多いのではないでしょうか。

お金を遣わず一つの場所にゆったり滞在するドイツ人

accessories

一方、ドイツ人の休暇は、同じ場所にゆっくり滞在し、「普段と違う環境で、普段もやっている自分の好きなことをおもいっきり楽しむ」というスタイルが主流です。ハイキングやマウンテンバイクが好きで日頃やっている人は、やっぱり休暇中も、普段よりさらに自然豊かな環境でハイキングやマウンテンバイクを存分に楽しんでいます。

もちろんドイツ人でもアクティビティより観光(街歩き)が好きな人もいます。しかし、あちこち周るのが好きな人でも、休暇の期間が長いこともあって、一つの街に何泊もするなど、日本人に比べるとずいぶんゆったりとスケジュールを組んでいることが多いです。

ドイツ人に限らず、ヨーロッパ人の旅のペースは全体的にゆったりですね。旅行中に出会った人と話すと、「ここに○泊もするの!?いったいどうやって過ごすの?」と驚くことがしばしばあります。やっぱりヨーロッパ人はリラックス上手です。

また、質素倹約を美徳とするドイツ人には、「休暇だからパァッとお金を遣おう」という考えはあまりありません。もちろん高級ホテルに泊まるドイツ人もいますが、日本人に比べると、ドイツ人は豪華なホテルに泊まることに対する関心自体が薄い人が多いように思います。

休暇であっても宿泊には必要以上にお金をかけず、自分が気に入った環境のなかでのんびりと過ごすことに重きを置く人が多いです。

日本流でもドイツ流でもなく、自分流の休暇スタイルを

magnet-633107_640

ドイツ人のあいだで主流の休暇スタイル、日本人のあいだで主流の休暇スタイル、どちらがいい・悪いというのではなく、どちらもアリです。

もちろん、今回挙げた日本人とドイツ人の休暇スタイルはあくまで傾向であって、日本人全員が同じように休暇を過ごすわけでも、ドイツ人全員が同じように休暇を過ごすわけでもありません。

さらには、日本でも、近年「暮らすように旅する」スタイルへの注目が高まっているように、限られた時間のなかでできるだけたくさん観光しようとする「詰込み型」の旅行よりも、現地のことをもっとよく知りながら自分だけの旅をしたいと願う人が増えているのも確かです。

私個人でいえば、自分にとってベストな休暇スタイルは、日本流とドイツ流のあいだにあるような気がしています。ドイツ人の多くがするように、週単位で同じ場所でリフレッシュするということができませんし(長時間リラックスするのが苦手です)、日本人の団体ツアーのように忙しく観光するのも苦手です。(忙しくならざるを得ない人たちの気持ちはわかりますが)

とはいえ、やっぱり街歩きが好きだし「色んな場所を見たい」という欲もあるので、日本流とドイツ流の中間ではなく、やっぱり日本流寄りだと思います。でもこれは体力がある若いうちの話であって、また年齢とともに変わっていくのかもしれません。

結局は、ドイツ流か日本流かではなく、「自分流」を確立すべきだということなのでしょうね。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。