ドイツ在住の私が使っているコスメ(基礎化粧品)をまとめてご紹介

こんにちは、はるぼぼ(@harubobo_nikki)です。

現在クロアチア旅行中ですが、そんなことは関係なしに、今回は私がドイツで使っているスキンケアコスメ(基礎化粧品)をまとめてご紹介したいと思います。

ドイツに来てからいくつかの化粧品を試してみて、一通りスタメンが出そろったかなという印象。少なくともしばらくはこのラインナップでいくと思います。

化粧水:サイクルプラスのエンリッチローション

これは日本から持ってきたものです。以前も書いたと思いますが、ヨーロッパでは化粧水で保湿や美容成分の補給を行うという考え方はあまり一般的ではなく、化粧水の種類が限られています。しかもその多くがふきとり化粧水なので、保湿や美容成分の補給ができる化粧水となると、さらに限られます。

人によっては化粧水は必ずしも必要なものではないかもしれませんが、私は実感として自分の肌には化粧水が必要だと思っているので、日本からお気に入りを持って来ています。

サイクルプラス公式サイト

ちなみに、アンネマリーボーリンドからもいくつか化粧水が出ているので、日本から持ってきたものが切れてしまったら、試してみようなかと思っています。

クリーム:アンネマリーボーリンドのZZデイクリーム&ナイトクリーム

なんだかんだいって、主要アイテムはドイツコスメの定番、アンネマリーボーリンドに落ち着きました。

ご存知の方も多いかもしれませんが、「アンネマリーボーリンド(Annemarie Borlind)」はドイツのオーガニックコスメのパイオニア的存在で、「食べられない化粧品はつくらない」というコンセプトで有名。オーガニックコスメの相場が安いドイツでは高級の部類に入ります。

アンネマリーボーリンド公式サイト(日本語)

ZZシリーズは敏感肌用。「プレバイオティクス&プ口バイオティクスコンプレックス」という画期的な成分が肌フローラのバランスを改善し、キンパイザサ根エキスが肌表面のpHバランスを整え、トラブルに強い肌に導く」のだそう。

正直あまりピンときませんが、要するに「乳酸菌由来の成分が肌のコンディションを整えてくれる」ということだそうです。気候や体調などの影響がすぐ肌に出る私には合っているんじゃないかと思い、使ってみました。

重たくない適度な潤い感で肌表面にベールを作ってくれるような使用感で、ゆらぎやすい肌(敏感肌)の方におすすめです

美容液:アンネマリーボーリンドのビタミンエナジャイザー

注射器風の容器もあいまって前から気になっていたのが、アンネマリーボーリンドのビタミンエナジャイザー。手持ちの美容液が切れたタイミングで試してみました。

その名の通り、ビタミン成分がぎゅっと詰まった美容液で、少量でもこれを塗ったあとは、すぐに肌が元気になったように感じます。これをたっぷり塗って寝たらどうなるんでしょう!?試したことはありませんが、肌の疲れが特に気になるときはやってみてもいいかも・・・

ちなみに洗い流すタイプのビタミンマスク(パック)もあるようで、今後それも試してみたいと思っています。

アイクリーム:アンネマリーボーリンドのシステムアブソルートアイクリーム

アンネマリーボーリンドからは、ラインごとにいくつかのアイクリームが発売されています。システムアブソルートはアンチエイジングラインなのですが、このアイクリームを選んだ理由は、シワだけでなくクマに対する効果をうたっているからです

ほかのアンネマリーボーリンドのアイクリームは保湿やシワに対する効果を強調していて、やはりヨーロッパ人女性にとってシワが最大の悩みなんでしょうね。

アイクリームは短期間での効果が実感しにくいアイテムなので、まだはっきりしたことは言えませんが、ややこっくりした使用感が気に入っていて、乾燥も気にならないので、これからも使い続けようと思っています


おわりに

今回メインでご紹介したアンネマリーボーリンドは、日本で普通に買うと結構お高いですが、ドイツでは日本の半額程度なので、そんなに高いとは感じません。アイテムによっては日本価格の半額よりさらに安いこともあります。

アイクリームや美容液などはかさばらないので、お土産として購入してもいいですね。

自分に合う化粧品が見つかるかどうかは、特に女性にとってはとても重要な問題。ドイツに旅行される方や、これからドイツに引っ越される方、あるいはドイツに移住したばかりという方の参考になれば幸いです。