19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

ドイツに移住、長期滞在する人が持っていったほうがいい日本食品

time 2016/04/12

ドイツに移住、長期滞在する人が持っていったほうがいい日本食品

こんにちは、はるぼぼ(@harubobo_nikki)です。
先日日本に一時帰国した際に、大量の日本食品を買い込んできました。
我ながら「よくこんなに持ってきたなぁ」と思いますが…それだけ私の必死さが伝わるでしょうか。

日本とドイツの食文化は悲劇的に違う」でも書いた通り、ドイツ在住日本人にとって「食」は大問題です。
そこで、ドイツに移住あるいは長期滞在される方に向けて、日本からどんな食品を持ってくるといいかご紹介したいと思います!

 

ドイツで手に入る日本食品

アジアショップの棚。ジャワカレーは5.9ユーロに値上がりしました…

アジアショップの棚。ジャワカレーは5.9ユーロに値上がりしました…

ドイツで手に入る日本食品は限られるし、手に入ったとしても値段が高いので、個人的には服なんか持ってくるよりは日本食品持ってきたほうがいいと思っています。

野菜(普通のスーパーで)
・白菜
・大根
・チンゲン菜
・しいたけ

乾燥食品(おもにアジアショップで)
・米(イタリア産のこしひかり5㎏で20ユーロくらい)
・インスタントラーメン(出前一丁は普通のスーパーでも比較的安く手に入ります)
・乾燥うどん
・乾燥そば
・ライスヌードル(日本食品ではありませんが比較的安いので重宝します)
・もち
・かつお節
・だし昆布
・ふえるわかめ
・納豆
・のり
・お好み焼き粉
・米粉

調味料(おもにアジアショップで)
・味噌
・しょうゆ(オランダ産キッコーマン1Lが6.5ユーロくらい)
・酒
・みりん
・カレールー(バーモントカレー1箱が6ユーロくらい)
・お好み焼きソース
・だしつゆ(500mlで9ユーロくらい)
・オイスターソース(日本のものではなく中国やタイ産)
・ほんだし
・味の素
・ふりかけ
・ごま油

その他・嗜好品
・ほうじ茶
・緑茶
・ヤクルト
・ポッキー
・コアラのマーチ
・おかき

これらの食品で、日本から輸入されているものは日本で売っている値段のだいたい3倍くらいします。
なかには4倍くらいするものも…ドイツでは日本食品は高嶺(高値でもある)の花です!

これらは私が住んでいるエリアで手に入るものですが、日本人の多いデュッセルドルフなどではもっと選択肢も増えるはずです。

デュッセルドルフの日本食品店「松竹」にはオンラインショップもあり、ドイツ国内や近隣諸国なら通販もできるので、品ぞろえや価格帯をチェックしてみるとイメージがつかみやすいと思います。

 

日本から持ってくるべき食品たち

軽くてかさばらない乾物を中心に用意するのをおすすめします!

IMG_1423

特に私が猛烈に押したいのはひじき、切り干し大根、海藻サラダなど。
これらはなかなかドイツでは手に入りにくいわりに持ってくるのは簡単なのでマストです。
先日、くらこんの塩こんぶを使ってレタスチャーハンを作ってみたらとってもおいしかったです。

IMG_1428

だしやうどんスープの素、ぞうすいの素なども大活躍間違いなしです。
中華スープの素「鶏がらスープ」なんかも手に入るかと思いきや、意外に見かけないので日本から持ってきてとても重宝しています。

IMG_1419

ふりかけなんかもいいですね。
ご飯にかけるだけでなくパスタなど工夫次第で色々使えます。

IMG_1429

抹茶やほうじ茶なんかもドイツで手に入りますが、特に抹茶はとても高いので日本から持ってきたほうがいいです。
私は抹茶やほうじ茶でプリンを作って和風スイーツを楽しんでいます。

IMG_1426

液体の調味料は重いですが、あったらドイツでの食生活が豊かになるのは間違いありません。
中華系の調味料も意外に思うようなものが手に入らないので、今回日本から持ってきました。

IMG_1430 (1)

フリーズドライのお味噌汁なんかもあるとやっぱり便利です。お手軽な癒し♡

IMG_1432

お菓子を持ってくなら…ドイツにいるとこういうものが結構ありがたく見えます。
日本に住んでいたらあんまり買わなそうなものが多いですね。

ドイツではチョコなどの甘いお菓子はいくらでもあるので、甘くないお菓子やお米のお菓子、もしくは日本らしい抹茶味などに癒されます。

 

食品をドイツに運ぶときの注意点

自分で持ってくる場合は、飛行機の預け入れ荷物の中に入れてしまえばチェックされることはほぼありません。
液体物を大量に入れた場合は怪しまれて開けられる可能性が高くなると思いますが。

問題は日本からドイツに小包などで送るとき!
アルコール製品は国際郵便で送ることが禁止されているほか、乳製品、肉製品などドイツ独自の禁制品もあるので、日本郵政のホームページなどで事前にしっかり確認することをおすすめします。

Twitterfacebookでも情報発信中です。つながっていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。