19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

ドイツ人女性は美人か否か、「美人が多い国」ってどこ?

time 2016/04/27

ドイツ人女性は美人か否か、「美人が多い国」ってどこ?

こんにちは、はるぼぼ(@harubobo_nikki)です。
本日のテーマはドイツ人女性が美人かどうか。

このテーマについて書こうと思ったのは、「ドイツの若い女性 綺麗じゃない」という検索キーワードで私のブログを訪問してくださった方がいたからです。
類似ワードも含めると一度ならず何度もありました。

これまでドイツ人女性のファッションについては書いてきましたが、容姿に関して言及したことはありません。
それでも「ドイツ人女性は不美人」という印象を持っている方が一定数いるようですね。

ドイツ人女性は美人か否か

白人を見慣れていなくて「欧米人はみんな美男美女に見える」と言う人がいますが、まったくそんなことはありません。
やっぱり千差万別です。
だからドイツにも美人もいればそうでない人もいます。

あくまでも「色々な容姿の人がいる」ということが前提にはなりますが、「ドイツの若い女性 綺麗じゃない」は、ある意味では間違ってはいないと思います。
正直なところ、街を歩いていて「あの人キレイ!」と思う頻度はそれほど多いとはいえません。

というのも、ドイツ人女性はニットやトレーナーにジーンズとスニーカー、しかもメイクはせずすっぴんという人が多いからです。
ただし私が住んでいるのは地方都市なので、都会に行けば「垢ぬけた美人」の割合は増えるかもしれません。
(関連:「ドイツ人女性のファッションの特徴8つ~日本人女性とこんなに違う~」)

その点、日本人女性はファッションやメイクで美の底上げをずいぶん頑張っていますよね。
もし若い日本人女性の多くがドイツ人女性と同じような恰好をし始めたら、日本の街における「美人」の割合は減るはずです。

ドイツでは、顔だちは整っていてもファッションやメイクでもっとキレイに見せようとしない人が多いので、あまり「美人」に見えないケースが多いと思います。
ラフな服装にノーメイクでも目を奪われるような美人もたまにいますけどね。

ということで、もともとの容姿が悪いのではなく、「磨いていないから綺麗に見えない」という意味では、「ドイツの若い女性 綺麗じゃない」はあながち間違ってはいないと感じます。

 

美人が多い国ってどこ?

architecture

世界遺産・プラハ歴史地区(チェコ)

とはいえ、磨いているかどうかに関係なく、「ここの人たちはそもそも素材が違う」と思わせられる国や地域があります。
その点において、個人的にはドイツはいわゆる「美人が多い国」にはあたらないと思います。

私が今まで行った国で「美人が多い国」として印象に残っているのがチェコ!
同じ人間とは思えないほどの「超」がつくような美女が街中にゴロゴロいて、本当にびっくりしました。

親しみやすいというよりは、「氷の美人」と呼んでいいようなちょっとツンとした気高い雰囲気。
もう7年ほど前になりますが、チェコが私にとって初めてのヨーロッパの国だったこともあり、強烈に印象に残っています。

 

IMG_6701 (1)

世界遺産の街・ブルサのモスクにて(トルコ)

あとはトルコも美人が多いですね。
トルコの西側は色白で西洋的な顔立ちの人が多いですが、やはりどこかエキゾチックな感じもあって…
トルコの若い女性は流行に敏感でおしゃれなこともあってか、美人との遭遇率はとても高かったです。

ちなみに、ダーリンがヨーロッパの中で美人が多いと思っているのはイタリアやスペインなんだそう。
そして「ドイツの女性はキレイじゃない。メイクをちゃんとすればもっとよく見えるはずなのに」とも言っています。

私も、ドイツの女性はもうちょっとメイクやファッションに力を入れてもいいんじゃないかと思うのですが、本人たちが満足してハッピーでいることが一番大事だと思うので、余計なお世話ですかね。

頑張りすぎて疲れちゃうくらいなら、自然体でハッピーでいられるならそのほうがいいのかもしれません。
でも私自身はそんな環境でも適度に頑張りたいと思っています(笑)

やっぱり女性が自分に手をかけてキレイにしているのって、自分自身もそして周りもハッピーにすることになると思うんですよね。
もうそれって理屈うんぬんじゃなくて、本能レベルで。

だから無理はしなくてもいいけど、できる範囲で頑張るのは自分を大切にすることにもなると思っています。

Twitterfacebookでも情報発信中です。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。