19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

ドイツ人ダーリンが9歳年下の大学生でよかった3つのこと

time 2016/09/07

ドイツ人ダーリンが9歳年下の大学生でよかった3つのこと

こんにちは、はるぼぼ(@harubobo_nikki)です。

前回、「ドイツ人ダーリンが9歳年下の大学生で苦労する3つのこと」をお話しました。今日は、「ドイツ人ダーリンが9歳年下の大学生でよかった3つこと」をお伝えしたいと思います。

異国での日常生活をきめ細かくサポートしてもらえる

IMG_1272

私は2015年11月にダーリンの国である、ドイツでの生活を始めました。やはり暮らすとなると、ビザや住民登録などの手続き、通院など、平日に出かけなければならないことが結構出てきます。

もちろん自分一人でできるようなこともありますが、特に移住当初は言葉の壁もありますし、そもそも地理もよくわかっていないのですべてを一人で行うのは困難です。

でもパートナーがすでに仕事を持った社会人だと、そう簡単に一緒に行ってもらうわけにはいきません。ドイツは日本よりはるかに有給が取りやすい環境とはいえ、制約は出てきます。

しかし、私たちの場合、ダーリンは平日毎日大学に行っていますが、講義が午前中だけ、あるいは午後だけの日もあって、平日でもスケジュールに融通が利きます。

私たちが住んでいる場所は交通の便も悪いので、車で連れて行ってもらうことができ、ドイツに来たばかりのころは特に助かりました。

一緒に旅行がしやすい

IMG_1769

ドイツは日本と違って、比較的休暇が取りやすい国。2週間の休暇は普通ですし、なかには1ヵ月まるまる休む人もいます。とはいえ、2ヵ月の休みが年に2回もある大学生に比べると、限られた日数。

パートナーが大学生であれば、春休みや夏休みといった機会に、何度も旅行に行ったり、1ヵ月日本に滞在したりといったことができます

学生は収入が少ないので懐と相談しながらにはなりますが、二人で過ごす時間がたっぷり取れて、色々なところに出かけられるというのは今だけなので、この「特権」を満喫しようと思っています。

将来設計が柔軟

IMG_2106

ダーリンは現在ドイツの大学に通っていますが、日本の大学院に通い、近い将来日本で暮らすことを目標にしています。

ドイツ人男性をパートナーに持ち、ドイツで暮らしている日本人女性のなかには、「本当は日本で暮らしたいんだけど、彼の仕事のことを考えるとね…」という人が案外少なくありません。

ドイツ人パートナーが、ドイツで教育を受け、ドイツで職を得てそこそこ良い稼ぎを得ているとなれば、日本で暮らしたい気持ちがあっても、リスクを冒してわざわざ日本に連れていこうとは思わないのもよくわかります。

日本に移住するドイツ人男性も大変ですし、それを支える日本人女性にも大きな責任と負担が伴うからです。

パートナーの男性がドイツのように豊かな国の人であれば、日本人女性が相手の国に移住し、当面はパートナーの経済的援助を受けながら現地語を身に付け、徐々に仕事を探すほうが、合理的な場合が多いと思います。

しかし、パートナーが学生である私たちの場合、ダーリンは日本で暮らしたがっているし、やはり私も遠くない将来日本に帰りたいという思いがあるので、それを前提に人生設計が組めます

今から日本語を勉強し、日本の大学院に通えば、日本で仕事を見つけるのもそう難しくはないでしょう。

もちろん計画通りにいくとは限りませんが、すでにパートナーがドイツで仕事を得ている場合に比べると、色々な意味で日本移住のハードルは低いはずです。

おわりに

パートナーがドイツ人で学生という状況でドイツに移住すると話したときは、友人に心配されたこともありました。もちろん、私たち自身にも不安がなかったわけではありませんし、今も将来どうなるかわからないという不安がないといえば嘘になります。

でも、未来が不確定なのは学生であろうとなかろうと、誰だって同じ。なら今の状況を楽しみつつ、将来に向けて準備するしかないと思っています。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。