19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

ドイツ人ダーリンの素敵なところを思いっきり自慢します

time 2016/12/19

ドイツ人ダーリンの素敵なところを思いっきり自慢します

こんにちは、はるぼぼ(@harubobo_nikki)です。

今回はタイトルの通り、ドイツ人のダーリンの素敵なところを自慢します。のろけ話がウザイ人は読まないでください(笑)

これは完全なる私の自己満足であると同時に、今離ればなれになっているダーリンへのラブレターの意味もあります。ダーリンはたまに私のブログを読んでいるようなのですが、これは読んでくれるかなぁ…

とっても優しい

ダーリンはとても優しいです。いつも私の気持ちを尊重してくれて、私が落ち込んでいたり悲しんでいたら、じっくりと話を聞いてくれます。2人のあいだにすれ違いがあった場合も、途中で投げ出したりせず、わだかまりが溶けるまで、とことん向き合ってくれます

男性にとって女性の感情の動きは意味不明なこともあるはずですが、そこをめんどくさがらずにどこまでも付き合ってくれるのはすごいなぁと思います。

ダーリンはまだ学生だからということもあってか、いわゆるレディーファースト的な型にはまった優しさを実践するのはあまり得意ではない気がしますが、いつも「まごころ」からの優しさをくれます

いつも感謝を忘れない

ダーリンはささいなことでもいつも感謝を示すことを忘れません。私が料理をしたとき、洗濯をしたとき…日常的な物事に対して大げさなくらい感謝を表現してくれます

洗濯をすれば「君はなんて天使なんだ」、料理をすれば「超おいしいよ!」と褒めてくれます。特にご飯に関しては心から幸せそうな顔をしてくれるので、もともと大して料理が好きではない私でも、2人のご飯はとても作り甲斐があります。

img_1053

愛情深くて一途

私たちは知り合ってまもなく、わずか1日で恋に落ちましたが、当時19歳だったダーリンにとって私は初めての彼女でした。

ダーリンがとても真面目な人で、私に対する想いも真剣であることは当初からわかっていたものの、「19歳でどこまで人を愛せるのだろうか」という疑問がまったくないわけではありませんでした。

ところが、実際にはダーリンの愛情深さは驚くほどで、年齢を基準に人を愛せるかどうか考えること自体がナンセンスだということを教えてくれました。知り合ってからというもの、他の女性には異性としての興味を持つことはないようで、ずっと私のことだけを見てくれています。

賢い

単に勉強ができるというだけでなく、ダーリンは筋道立てて物事を考えるのが得意です。私とのこととなると案外情熱的な一面も見せますが、それ以外のことで感情に流されて物事を判断することはほとんどありません。

漠然とした問題を具体的な問題に細分化するのも得意で、私が日本での仕事を辞めてドイツに移住すべきか迷っていたとき、ダーリンのこの性質が一役買ってくれました。

まだ若いのに、よくそんな冷静な考え方ができるなぁと感心することがしばしばあります。


ハンサム

初めてダーリンを目にしたとき、「王子のような人がいる!」と思いました。そのくらいダーリンはとてもハンサムで、育ちのよさそうな上品な雰囲気が漂っています。とはいえ、当初はダーリンと恋に落ちることになるとは思いもしませんでしたが…

人生のパートナーに「美男美女である」ことが必要な条件だとは思いませんが、世間的な評価は別として、パートナーが自分の好きな顔(見ていて心地がいいと思う顔)であるに越したことはありませんよね。最も身近な存在であるダーリンが「目の保養」になるなんて、ラッキーだなぁと思っています(笑)

とってもキュート

ダーリンはとても真面目で礼儀正しいので、知り合ったばかりだと「とにかく真面目な人だなぁ」という印象を持つと思います。その一方で、親しくなると、とてもおちゃめな面をたくさん見せてくれます

ガラムマサラ(インドのミックススパイスのこと)のオリジナルソングを作って歌ったり、変なジョークを飛ばしたり、「ダーリンちょっと変だよ」と思うこともありますが、そんなキュートな一面も大好きです。

おわりに

ほかにも礼儀正しいとか、思慮深いとか、努力家であるとか、ダーリンのいいところはたくさんあります。いつもたくさんの愛情と優しさをくれるダーリンにはどれだけ感謝しても足りません。

そんなパートナーに出逢えて、相手も同じ気持ちでいてくれるなんて、本当に奇跡のような幸せですね。

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。