19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

30歳になったから言いたい、年齢から自由になろう!

time 2017/01/10

30歳になったから言いたい、年齢から自由になろう!

こんにちは、はるぼぼ(@harubobo_nikki)です。1月9日の昨日、30歳の誕生日を迎えました。30歳と21歳のカップル誕生です。

ドイツにいるダーリンとは一緒に過ごすことはできませんでしたが、お祝いの花束が届きました。

私が日本の通販サイトを使って、ドイツから日本にいる両親に花やらワインやらを贈っていたのを知っていたダーリンに、「どうやって日本にプレゼントを送ってるの?」と聞かれたことがあります。ダーリンも私と同じように日本のサイトを使って送ってくれたんでしょう。

会いたいのに会えない人から届くプレゼントはすごく嬉しいし、幸せな気持ちになれるけれど、一緒にいられない現実を改めて突きつけられて悲しい気持ちにもなるのだとわかりました。

私がお花と一緒に写っている写真を送ったら、ダーリンも同じような気持ちになったそうです。

25歳の頃より若返った30歳

前置きはこのくらいにして、ここから年齢の話を。

30歳にはなりましたが、私は自分が30歳であるという実感はまったくといっていいほどありません。パートナーはかなり年下、子どももいないし、フリーランスで自由がきく仕事をしている。そんな背景もありますが、25歳の頃よりも今のほうが気持ちが若くなったと思うのです。ひょっとしたら見た目もその頃より若いかもしれません。

気持ちが若くなったと感じるのは、気持ちが自由になったからです。「社会のレールをはずれてみたら、もっと多くの可能性が広がっていた話」でもお話した通り、以前は社会のレールをはずれることを怖いと思っていました。

でも、思い切ってはずれてみたら、レールの上を歩いていたときには見えなかったチャンスが見えてきたのです。

その結果、人生に対して「こうでなければならない」という思い込みや脅迫観念が和らぎ、気持ちが自由になったと感じています。

年齢を理由に、無理やりなにかをするのはやめよう

年末に日本に帰国して、日本は年齢の縛りが強い社会だなと改めて感じています。「29歳、独身」という婚活支援のCMや、「30歳まであと3年」という転職支援のCMなど、なにかと年齢を切り口に危機感を煽ろうとする広告が多いことがそれを表しています。

「30歳には結婚しているはずだったのに、気付けば29歳、独身」というキャッチフレーズで宣伝している会社がありますが、なぜ30歳までに結婚する必要があるんでしょうか。

女性の場合、妊娠・出産にはタイムリミットが存在するので、子どもをもちたいのであればそれを考える必要はありますが、30歳までに結婚しなければ子どもを持てないわけではないですよね。

また、結婚しない人生だってあるはずなのに、このCMは「結婚することが正しくて、結婚しないのは負け組である」とでも言っているように感じます。結婚するもしないも自由だし、その年齢だって自由なはずです。

私は、こうした年齢を切り口にして危機感を煽ろうとする宣伝に踊らされる人が一人でも減ってほしいと思っています。

本人が心から「30歳までに結婚したい!」と思っているならそれでもいいのですが、「30歳までに結婚」は世間がつくり上げた価値観であることが多いからです。

他人から押し付けられた「○歳までに○○すべき」という価値観に踊らされて、焦って婚活しても幸せにはなれない可能性が高い気がするのです。

私自身、結婚願望が強かった時期もあって「結婚したい」と思う人の気持ちはわかっているつもりです。でも、「なぜ自分は結婚したいのか」「本当に○歳までにする必要があるのか」と自分に問いかけたら、今までと違う答えが出ることもあるのではないでしょうか。

今回は私自身が気になる、そして多くの人にとって身近な結婚を例に挙げましたが、結婚に限らず、(肉体的な制限がある場合などを除き)「○歳までに○○しないと」というリミットを無理やり自分に課す必要はありません

なにかをするのにベストなタイミングなんて人によって違うし、そもそも「しない」という選択肢だってあるわけですから。


年齢を理由に、無理やりなにかを止めるのはやめよう

私はまだそんな年齢ではありませんが、歳を取ると身体の自由がきかなくなってできなくなることが出てきます。でも、できなくなったわけではないのに、「今さらしてもしょうがない」とか、「この歳でそんなことをしたら恥ずかしい」という思いから止めてしまうこともあります。

本当は好きなのに、人目を気にして明るい色の服を着るのをやめる、新しい習い事を始めるなどのチャレンジをやめる…色々あると思います。

これは、未来の自分に向けてのメッセージでもあります。

好きなこと、興味のあることを、年齢を理由に諦めないで。年齢を理由に逃げないで。

今は余裕でそんなことが言える私も、実際に「老い」を実感する年齢になると、諦めたり逃げたりしたくなることが絶対に出てくると思います。

でも、身体的な衰えでできないのはともかく、本当はできるのに歳を理由に「できない」と言うことのない人生を送りたいのです。だから今のうちに宣言しておきました。

おわりに

自分にとっての幸せは自分にしか決められません。だから、これを読んでくださっているみなさんが、本当に自分のしたいことを、自分の好きなタイミングでできることを願っています。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。