19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

私はなぜ、8歳年下・20歳のダーリンの心変わりや浮気を恐れないのか

time 2016/05/09

私はなぜ、8歳年下・20歳のダーリンの心変わりや浮気を恐れないのか

こんにちは、はるぼぼ(@harubobo_nikki)です。
私たちが出会ったとき、ダーリンは19歳で私は27歳、現在はダーリン20歳、私29歳です。
そんな若いダーリンが今後他の女性に心変わりしたり、浮気したりすることを恐れたりしないのか?

愛に年齢は関係ない

結論からいうと、今ではそんな恐れはまったくありません。

それぐらいの年齢だと「好きだ、結婚しよう」と言い合っていてもなんだかんだで別れてしまって、結局は社会人になってからしばらくして知り合った人と結婚することも多いと思います。

もちろん大学時代からの純愛を実らせて結婚した友人も何人かおり、大学生のときの「結婚しようね」が現実になるケースもあるので一概には言えませんが。

ダーリンと知り合った当初は「19歳でどれほど人を愛せるのか」という疑問があったのは事実です。
一般的に言って、「この人が運命の人だ!」と一時盛り上がっても冷めてしまうというのはまだ恋愛経験の少ない若い人に多いのではないでしょうか。

しかしダーリンと一緒にいるようになって早い段階で、ダーリンの愛がとっても大きく深いものだということがわかりました。
19や20歳でこんなにも人を愛せるものだというのは驚きでしたし、今でもそうです。

それでわかったのは、人を愛するのに年齢は関係ないということです。
世の中には中学生の時から付き合っていた相手と結婚する人もいれば、歳をとってはじめて本物の恋を経験する人もいます。

結局恋愛なんて人それぞれ。
「何歳にならないと人を愛せないとか、何歳になったら愛せる」なんていう基準は存在しないとだとわかりました。

私たちが出会った当時ダーリンは19歳で、私はダーリンにとって初めての彼女だったけれど、たまたま初めての相手が最高のパートナーになることもあるということです。

 

保証なんかなくても「信じる」こと

flower-hands

とはいえ、ダーリンがこれから先もずっと私を変わらず愛してくれるとは限りません。
それは私たちだけでなくどんなカップルにとっても同じこと。

恋愛は生モノだから、ずっといい状態が続くという保証はどこにもありません。
可能性の話をすれば、私が今後もずっとダーリンを好きでい続けるかどうかすらわからないのです。

それでも私はダーリンの愛を、自分の愛を、そして二人の未来を信じることに決めました。
今せっかく最高に幸せなのに、「この幸せがいつまでも続くだろうか」とか、「相手が心変わりしてしまうんじゃ」などと心配してしまって今の幸せを曇らせてしまってはもったいないですよね。

だから私は今の幸せな二人の関係がずっと続くと信じています。
信じているからこそ、いつもハッピーでいられるように日々の些細な心がけも前向きに実践できるのです。

結局先のことは誰にもわかりません。
どうせ悩んだって、心配したってわからないのだから、腹をくくって自分の望む未来を信じるのです。

もちろん望み通りにいかない可能性だってありますが、そうなったらその時にまた考えればいいんです。
心配することにエネルギーを使うくらいなら、自分の望み通りの未来を実現するために前向きな努力をするほうがいいと思いませんか?

Twitter   facebook  Instagram

 

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。