19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

お金の遣い方にもポリシーを!お金の遣い方は生き方そのもの

time 2016/05/13

お金の遣い方にもポリシーを!お金の遣い方は生き方そのもの

こんにちは、なかなか晴れてくれないドイツからはるぼぼ(@harubobo_nikki)です。
今日はお金の遣い方についてお話したいと思います。

 

お金の遣い方のポリシーって?

みなさんはお金の遣い方に対するポリシーはありますか?
私のポリシーは「モノより経験重視」です。
わかりやすく言うと、10万円あったらブランド物のバッグを買うよりも旅行に行きます。

ここでいう「経験」とは旅に出て新しい世界を見たり、お茶や食事に行って人と交流したり、本を読んで知識や気づきを得たり…目に見える形はないけれど、自分の人生を豊かにしてくれるようなことです。

実は「モノより経験重視」とはっきりと言えるようになったのはここ2年くらいのこと。世界一周しようと考え、貯金を始めたのがきっかけです。

 

ポリシーがないと出費が増える

euros

それ以前は明確な基準を持たずにお金を遣っていました。
先ほどの例でいうと、「旅行もしたいしモノも欲しい」と両方を手にいれようとして、出費が10万ではなく倍の20万になってしまうような感じです。

今思えば、娯楽や誘惑の多い日本でお金の遣い方に対するポリシーを持たずにいるのはとても危険です。
「みんなそうしてるから」それが当たり前だと思って色んなものにまんべんなくお金を遣ってしまい、「あれ、大きな出費をしたつもりはないのにお金がない」ということになってしまいやすいです。

私も自分なりの軸がなかったことは旅行だけでなく洋服やバッグなど、色んなものにお金を遣っていました。

でも、「モノより経験重視」と断言できる今は、以前と比べて物欲自体が格段に低下しました。
そもそも「欲しい!」と思わないので我慢する必要もなく、ストレスが溜まることもないのです。

 

お金の遣い方は生き方そのもの

money-soothes

今感じるのは「お金の遣い方は生き方そのもの」だということ。
「モノより経験にお金を遣う」と決めていると、自然と経験を重視する生き方になります。
反対に「経験よりもモノ」と決めれば新しいモノに囲まれる人生になるでしょう。

別にモノより経験が優れていると言いたいわけではありません。
私にとってはモノより経験のほうが価値がありますが、人それぞれ何に価値を見出すかは違っていいと思います。

大切なのは、「自分を本質的にハッピーにしてくれるものは何か」、「自分の人生を豊かにしてくれるものは何か」を考えて、そこに優先的にお金を遣うことだと感じています。

自分自身を振り返ってみると、ポリシーなしに気まぐれにお金を遣っていたころは、生き方にも軸が定まっていませんでした。
でも今は、経験は自分の人生においてとても価値があることをわかっているので、そのためのお金を稼ごうというモチベーションも沸いてきます。

現状ではドイツに来てからというもの、食費や保険など、生きていくために絶対必要なものが出費の多くを占めていますが、経験に遣えるお金を増やせるよう、目下奮闘中です。

「お金の遣い方にポリシーなんてない」という方は、一度立ち止まって考えてみてはいかかでしょう?
余計な出費や誘惑から解放されると、とってもラクになりますよ。

Twitter  facebook  Instagram

 

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。