19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

香りに悩殺…ヴェレダのボディソープで至福のバスタイムを楽しもう!

time 2016/05/15

香りに悩殺…ヴェレダのボディソープで至福のバスタイムを楽しもう!

こんにちは、はるぼぼ(@harubobo_nikki)です。
今年のドイツ(私が暮らす南西部)は春になってもろくに晴れの日がなく、おかしな天気のようです。

今日は私が一瞬で恋に落ちてしまったアイテムをご紹介しましょう。
それがオーガニックコスメブランド、WELEDA(ヴェレダ)のボディソープ。

 

WELEDAのボディソープにハマった!

WELEDAはスイスのブランドですが、ドイツで製造している商品も多く、ドイツでもスーパーで売っているほどメジャーな存在です。

当初、ドイツなら日本の半額程度で買えるとはいえ、他にもっと安い石鹸やボディソープがあるなかあえてWELEDAのボディソープに手を出そうとは思っていませんでした。

ですが、ダーリンのおじいちゃんがクリスマスプレゼントとしてWELEDAのボディソープとハンドクリームのセットをくれたのです。Opa、グッドチョイス!

IMG_0242

おじいちゃんからもらったのは、こちらのSANDDORN(日本では「ヒッポファン」という名称)のシリーズ。
ハンドクリームについては別記事で紹介しています。)

「WELEDAだー!」と喜んで使ってみたら、一瞬でその魅力にハマってしまいました。

 

WELEDAのボディソープのおすすめポイント

まず、このボディソープは乳液のようなミルクタイプなんです。
普通こういうチューブに入っているボディソープって「シャワージェル」と呼ばれる透明なジェル状のものが多いですが、これはミルクなのでとっても優しい使い心地で、肌のうるおいも保ってくれます。

ミルクではありながら適度に泡立つところも高評価です。

そしてやっぱりこれが最大のポイントなのですが、香りが悩殺級に良い!良すぎます。
お風呂のたびにこのニオイをくんくん嗅いで「ぁあ~いい香り!!」とやりたくなります。

IMG_1718

最近こちらのWILDROSEも自分で購入してみたのですが、やっぱりこちらも香りが最高でした。

SANDDORNは柑橘系なのでさわやかで元気が出る感じ、WILDROSEは優しく包み込んで癒してくれる感じです。
どちらもそれぞれにいい香りなので、気分によって使いわけたくなりますね。

ドイツではどちらも200mlで5.9ユーロ(約740円)と安いわけではありませんが、その価値はあると思っています。

ちなみに日本で買うとやはり倍くらいの値段になりますが(シリーズによって異なります)、私の場合2ヵ月ぐらいもつのでやっぱり日本に帰ってからも使ってしまうかもしれません。

ヴェレダ ワイルドローズクリーミーボディウォッシュ 200mL

新品価格
¥1,512から
(2016/5/15 18:42時点)

 

ほんと、WELEDA商品の香りの良さは反則級ですね。
今後他の種類も試したいと思います。

Twitter  facebook  Instagram

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。