19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて

ドイツで暮らしたら東南アジアも「ホーム」に感じるようになった話

time 2016/07/17

ドイツで暮らしたら東南アジアも「ホーム」に感じるようになった話

こんにちは、はるぼぼ(@harubobo_nikki)です。来週ミュンヘンとチェコ複数都市を周ってきます。
最近、早くもドイツでの冬の過ごし方をどうしようか悩んでいました。

冬のヨーロッパ生活はつらい…

IMG_0030

すでに夏のあいだは色々と旅の予定を組んだのですが、冬のヨーロッパは旅行には向きません。南欧はまた違うかもしれませんが、冬のヨーロッパを旅行するとなると、寒さに耐え、日の短さに耐え、どんよりとした悪い天気に耐え…と、想像しただけで気分がげんなりします。

過去の記事でも書きましたが、オーロラが見たいとか、よほどのクリスマスマーケットフリークでもない限り、ヨーロッパ旅行は断然夏がおすすめです。

去年~今年にかけての冬はドイツに来たばかりだったこともあって、まったく旅行なんてせずに過ごしました。11月~5月までの半年間で、日帰りで近場に数回出かけた程度です。本当に寒いし天気も悪いしまったく出かける気にならなかったのです。

しかし、現在は本格的にトラベルライターとして活動している私にとって、そんなに長い間出かけずにいることはできません。トラベルライターでなくてもそんなに退屈な生活は嫌ですよね。

半年間ろくに出かけずこもって過ごすなんて考えただけで発狂しそうです。かといって寒く暗い冬のヨーロッパを旅するのも避けたい…「もう永遠に冬が続くかと思うようなドイツの冬は嫌だ!」と思い、冬の過ごし方について今から悩んでいたのです。

冬はアジアでノマド生活?

IMG_4468

マレーシアの古都・マラッカ

アジアに行くというのが一つの選択肢だったのですが、冬アジアに行って、春にまた日本に一時帰国するとなると出費がかさみます。そんなときにダーリンからもたらされた名案が、「日本に先に行って僕が来るのを待ってれば?」―― なぜそれを考え付かなかったのでしょう!

ということで、2月ごろアジアに行って一ヵ月ほど旅しながら仕事をするノマド生活をしてからその足で日本に行き、ダーリンと日本で会う、そんな構想です。もっと長期いてもいいと思うのですが、あまり長期間ドイツに一人ダーリンを置いていくのもかわいそうなので、アジアノマドは一ヵ月ぐらいを考えています。

今のところアジアノマドの候補国はマレーシアと台湾。私は自分が行きたいと思うアジアの旅先はほとんど行ったので、もちろんマレーシアも台湾も行ったことがあるのですが、この2つは同じ場所でももう一度行きたいと思える居心地の良さがあったし、まだ行っていない都市ももっと見てみたいなぁと思える場所でもあるのです。

治安面・衛生面での心配がほとんどないこと、タイのように騒ぎにくる欧米人の若年バックパッカーがあまりいないというのも大きな理由です。とにかく余計な緊張や不快要素を極力排除し、のほほんと過ごしたいのです。

アジアでノマド…冬の楽しみができました!ただし具体的な計画は現在のワーホリビザが切れる11月以降も確実にドイツに滞在できる見通しが立ってからにしたいと思います。

ドイツで暮らすともはやアジアはホーム

DSCN0169

台北の下町・油化街

マレーシアと台湾でいったい何がしたいのかと思われるかもしれません。私がこのうえなく楽しみにしているのは、アジアの空気を吸い、おいしいアジア料理を食べること。言ってみればそれだけです。それだけで幸せなんです。

「アジアの空気」というのは親しみやすさ、ゆるさ、気楽に過ごせる居心地の良さのこと。ヨーロッパにはないアジア独特の空気感です。もちろん観光したいというのもあるのですが、とにかく思いっきりそんなアジアの空気にどっぷり浸りたいのです。

日本に住んでいたころは、台湾もマレーシアも、ヨーロッパなどに比べるとかなり近い感じがするとはいえ、やはり「異国」でした。でも、ドイツで暮らす今となっては、台湾もマレーシアも日本と同じアジア。根底には同じものが流れている気がするのです。

今の私にとってはもはやマレーシアも台湾もアジアのホームです。インドやウズベキスタンは同じアジアとはいえ、「異国」感が強いですが、東アジアや東南アジアは基本的にホームという感覚があります。

日本に住んでいた頃は自分が「アジア人」だと自覚することなんてほとんどありませんでしたが、ヨーロッパにいるとやっぱり自分が「アジア人」なのだと実感します。ヨーロッパの街中で在住者らしき東アジア人や東南アジア人を見かけると、なんだか親近感が湧きます。

日本に住んでいたころは中国人やタイ人は「自分とは接点のない異国の人」でしたが、今となっては同じアジアの仲間という感覚です。

日本から遠く離れたヨーロッパで暮らすと、「ホーム」の範囲が日本以外にも広がるんでしょうか。やっぱり自分は日本人であり、アジア人なんだなぁと感じています。

アジアはドイツに来る前に散々旅したからもういいだろうと思ったのですが…アジアの空気とおいしい食べ物が恋しい!ヨーロッパも嫌いじゃないけど、やっぱりアジアが好きです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ

いいね!して
更新情報を受け取ろう

sponsored link

Profile

はるぼぼ

はるぼぼ

旅するライター&ブロガー。 会社員時代にドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意。退職、5ヵ月のアジア横断旅行を経て、2015年11月ドイツ生活をスタート。ドイツを拠点に各国を飛び回り執筆中。 お問い合わせはharubobonikki@gmail.comまで! [詳細]

Twitter でフォロー



sponsored link

読者登録

メールアドレスを入力されると、更新をメールでお知らせします。